永次郎のブログ

永次郎のブログ

ブログ初心者ですが、こつこつやっていきます('◇')ゞ

沢尻エリカの直筆謝罪文から見た性格について

どうも、永次郎です。

マッキーのおかげで、少し影が薄くなってしまいましたが、この前、沢尻エリカに有罪判決が出ましたね。個人的に好きな女優さんだっただけにとても残念です。

判決後に直筆のコメントが出たのはみなさんご存じかもしれませんが、本日はその直筆謝罪文から見た、「実際沢尻エリカってどんな子なの?」「反省ちゃんとしてるん?」

ってとこを推測したいと思います。

 

※個人的な見解なので実際の人物とは異なります。

f:id:naganagax:20200212213803j:plain

 

 

ほいでこれが謝罪文

f:id:naganagax:20200212214952j:plain

©中スポ 東京中日スポーツ

 

うん、心の中は分かりませんが、反省して自分自身を見直すと言ってますね。

 

それでは解析していきたいと思います。

 

 

1.文字の筆圧

文字の筆圧からはどのくらいストレスを感じているかが判断できます。さらに、そこから心理や性格を推測することができます。
文字の筆圧が強い方は、真面目かつ慎重で自分の意志をしっかり持っている傾向にあります。ただ融通が利かずに協調性に欠けるという側面も…。

 →文字はボールペンかな?濃いめ。

たしかに協調性というイメージはあまりありませんね。実際にこういうことも起こしてるわけだから。

 

2.文字の太さ

文字の大きさには書き手の社交性や積極性などが出ます。
余白に対して小さな文字を書く方は、内向的な慎重派です。社交性や協調性は持っていますが、自分が表に立たされることは苦手です。どちらかというとインドア派というタイプによく見られる筆跡です。

→余白は大きめ、。

これはさっきのと反対な慎重派だったり協調性だったりしますね。

なので、このコメントを書いている時は言葉を選んで慎重だったのかと思います。

 

3.文字の傾き角度


必要以上に右上がりの文字を書く方は、社会・組織などの伝統・文化を重んじます。保守的な体制派と言えるでしょう。会社などでは出世欲も強いほうです。
一方で右下がりの文字を書く方は、他人とは視点が異なる批評家タイプです。社会・組織の風潮などに流されず、独自性を好みます。へそ曲がりなんて呼ばれてしまうことも…。ただ社会・組織への参加意識が低いわけではありません。進歩的な反体制派かもしれませんね。

→最初のタイトルは右上がり、書き始めは保守的に当たり障りのない文章を書こうとしたのですかね。

後半右下がりなのは、他人とは違ったことがしたいという、独自性を感じます。

 

4.左はらいの長さ

「人」「木」「広」などの漢字に含まれる左はらいの長さからは、あなたがどのくらい目立ちたがりなのかを判断できます。
普通よりも左はらいの長い文字を書く方は、典型的な目立ちたがりタイプです。豪華で派手なものが好きだという傾向が、持ちものや服装・髪型などに表れます。モデルさんや俳優さんによく見られる文字のクセですね。

 →左はらいは長め(この度、全力、自分、大切、受けとめるなど)

特に分や力など左はらいが長いなと感じました。目立ちたがり屋で派手好き、女優、どれも当てはまりますね。キャラ作りという可能性は無くなりました。

 

5.右はらいの長さ

右はらいの長さからは、あなたがどのくらい物事に熱中するかがわかります。
普通よりも右はらいの長い文字を書く方は、何かの物事に熱中しやすい傾向があります。これと決めたら我を忘れるくらいに集中するのが特徴で、仕事や勉強などで人並み以上の結果を出しやすいタイプです。
逆に普通よりも左はらいの長い文字を書く方は、クールであっさりとした性格の持ち主で、あまり特定のことに執着しません。飽きっぽいのが短所かもしれません。趣味や恋愛では浮気性なところがあります。

 →右はらい(人、大切、欠落など)少し長いかなと感じました。

どちらかというといい意味でも悪い意味でも、熱中しやすいタイプなのかな。

 

6.はねの強さ

文字のはねをしっかりと書く方は、物事に対する責任感の強い性格です。何事にも最後まで手を抜かないので、周囲からの信頼は厚いです。ただ頑張りすぎてしまうところがあるので、心身の健康には注意したいところですね。
一方で文字のはねをあまり書かない方は、何事も要領よくこなすタイプです。学校のテストで考えると、すべての教科で70~80点くらいをとるのが得意です。ただたった1つのことを突き詰めるのは苦手かもしれません。同時進行で複数のことをこなさなければならない主婦などによく見られる筆跡です。

 →全体的に小さめという印象を僕は受けましたが、所々大きいところもあり、

特に最後の沢尻は大きく、決意みたいなものを感じました。頑張りすぎてストレスが溜まっていたのかも知れませんね。

 

7.縦線上部の長さ


普通よりも縦線上部を突き出すように文字を書く方は、社長タイプの性格です。リーダーシップを発揮するのが得意で、学生時代に生徒会長や部長などを務めていた方によく見かける筆跡です。ただこのタイプがグループに2人以上いると衝突してしまうことも…。
逆に普通よりも縦線上部を突き出さないように文字を書く方は、秘書タイプの性格です。リーダーシップはあまりありませんが、他人をサポートするのが得意です。

→とくに突出しているいるようには見えませんでした(申し訳、根本)。

 

8.縦線下部の長さ

縦線下部の突出の長さからは、あなたがどのくらいチャレンジ精神や向上心を持っているのかがわかります。
普通よりも縦線下部の長い文字を書く方は、チャレンジ精神や向上心が旺盛な性格です。新しいことに挑戦することが大好きで、一方で普通よりも縦線下部の短い文字を書く方は、チャレンジ精神や向上心はあまり持っていません。できるだけ現状を維持したいと考えているところがあります。ただ他人とあまり衝突せず、人間関係は長続きしやすいです。

 →全体的に短めに感じ、次のステップに向けて気持ちを前向きに考えるよりも、いま現在向上心とかはなく、気持ちが落ち込んでるように感じました。

 

9.起筆部分

書道用語において文字の線(画)のスタート部分を起筆と言います。筆で書かれた文字だとわかりやすいですよね。この文字の起筆部分からはあなたの我の強さがわかります。
文字の起筆部分にクッと強いひねりを入れる方は、自分の意見を持ったしっかり者です。自分の主義主張があるので、あまり他人に流されることはありません。ただ頑固な一面もあるため、他人にわからず屋だと思われてしまうこともあります。他人の意見を聞き入れる姿勢も必要かもしれないですね。
一方で文字の起筆部分にほとんどひねりを入れない方は、素直な性格の持ち主です。他人の話をあまり疑わず、そのまま受け入れる傾向にあります。上司や先輩などにはかわいがられやすいでしょう。ただ他人の意見に左右されがちですし、最悪の場合には騙されることも…。自分の意見を持つことも意識してみましょう。

→起筆部分は無いように感じました。ただこれは自分もそうですが、習字を習っている人や、達筆の方の文字に現れるものだと思いますので、大半の人は起筆が無いように感じます。

 

10.接筆部分

たとえば、「口」という文字の左上の角を接筆部分と言います。この文字の接筆部分がつなかがっているかどうかで、思考・行動パターンの傾向が分かれます。
文字の接筆部分をしっかりと閉じる方は、几帳面で真面目な性格です。また、何事もきっちりこなさないと気が済まない完璧主義なところがあります。
一方で文字の接筆部分が開いている方は、自由奔放でちょっとルーズなところがあります。規律やルールに縛られるのが苦手な性格ですが、自分にも他人にも寛容、柔軟な思考ができるので、ストレスがたまりません。懐の広さが魅力かもしれないですね。

→長く出ている文字が多いと感じます(測り知れない、自分のできる唯一、見つめ直す)。

結果論としてルーズな印象を受けるかもしれませんね。辛いときに現実から逃げるために物を使ったのではなく、 その場の軽いノリみたいなので使ったのかもしれません。

 

11.転接部分

たとえば、「口」という文字の右上の角のように、1画のなかで筆の方向が変わるところを転折部分と言います。
文字の転折部分が角ばっている方は、何事にも真面目で堅実な性格です。既存のルール・方法でコツコツと物事に取り組むのは得意ですが、自由にアイデアを発送したり、臨機応変な対応は苦手な傾向があります。
文字の転折部分が丸みを帯びている方は、物事を自己流でアレンジする発想力に優れているため、クリエイティブな仕事に向いているでしょう。また、ユーモアのセンスもあります。ただ自分の思った通りにしたいところがあるので、規則・ルールの通りに動くのはあまり得意ではありません。

→どちらかというと角ばっている文字が多いように感じます(測り知れない、罪の重さ、自分自身を見つめ直す)。

根はまじめで、仕事はこつこつ進めていくほうなのかな?

 

12.複数の点の打ち方

「心」「馬」「鳥」など複数の点を打つ文字を書くと、あなたがどのくらい見栄っ張りなのかがわかります。
点と点の間隔をたっぷりと開ける方は、自分を等身大以上に見せたいという心理があります。ただ背伸びをするのは必ずしも悪いことではありません。現状の自分より背伸びをすることが成長につながることもあります。
一方で点と点の間隔が狭い方は、あまり見栄を張ることはありません。むしろ、本当は実力があるにもかかわらず、自分では実力がないと思い込んでしまっていることがあります。

 →どちらかというと広めに感じます(心、思いやる)。

ただ「迷惑」などは狭く感じるので、

この字(迷惑)からは、反省の気持ちがあるのではないかと思いました。

もともとの性格は見栄っ張りな性格なのかもしれませんね。

 

13.横線の間隔のバランス

「日」「目」「馬」などの文字は複数の横線の間隔のバランスからは、あなたが感覚タイプなのか論理タイプなのかがわかります。
横線の間隔がバラバラになりがちな方は感覚タイプといえるでしょう。そのときの気分で行動するので、自己中心的何て思われてしまうことも…。
横線の間隔が一定になる方は論理タイプです。物事を論理的に順序立てて考えるのが得意です。ただ頭で納得できないとなかなか行動できなかったりもします。

 →間隔はバラバラです(自分)。

「自分」という大事な文字。

ほんとにそのときの気分で行動してしまうのでしょうか、この性格を直さない限り、再び過ちを犯してしまうかもしれませんね。

 

14.へんとつくりの間隔の広さ

漢字にはへんとつくりから構成されているものがありますね。この漢字のへんとつくりの間隔からは、あなたの包容力がわかります。
漢字のへんとつくりの間隔をたっぷりととる方は、非常に寛容な心の持ち主です。自分と異なる価値観を受け入れることができるので、他人に好感を持たれやすいです。社交的で協調性も高い傾向にあります。
一方で漢字のへんとつくりの間隔をあまりとらない方は、自分と異なる価値観を受け入れるのが苦手かもしれません。外部をシャットアウトして自分だけの世界を守りたいと考えます。ただ自分独自の道をゆくス ペシャリストとして活躍できる可能性も秘めているでしょう。

 →どちらかというと広めに(傷つけ、深く、償い)感じました。

価値観の包容力はあるから、素直ということですかね。

人からは好かれやすい性格なのかな?ただテレビで見た印象だと「別に」発言もありますから、正直イメージしづらいです。

 

15.文字内側の間隔の広さ

文字には内側に線で囲まれた空間を持つものがあります。たとえば、「口」「目」「頭」などの漢字は、その内側に四角型の空間を持ちます。この文字内側の空間の大きさからも、性格の傾向を知ることができます。
文字内側の空間が大きくなる方は、内部からのエネルギーに充実しているため、元気で活発な傾向にあります。精神的にはやや子供っぽいところがありますが、無邪気で裏表のない雰囲気は周囲に安心感を与えます。
文字内側の空間が小さくなる方は、精神的には大人です。しっかりと自立心を持っていますし、物事への対応も冷静にこなします

→全体的に文字が小さいせいか、間隔も小さく見えます(皆様、身勝手な、償い、自分自身)。

精神的には大人?物事への対応も冷静?実際に会って話したこともありませんが、精神的に大人なひとはクラブに遊びに行ったりしないと思います。 

 

 

まとめ
【性格】

素直、人からは好かれやすい性格

根はまじめで、仕事はこつこつ進めていくタイプ

・もともとの性格は見栄っ張り
自由奔放でルーズ

目立ちたがり屋で派手好き、キャラ作りという可能性は無し。

 

【心情】

反省の気持ちはある。

・この直筆コメントを書いている時は言葉を選んで慎重だった。

・書き始めは保守的に当たり障りのない文章を書こうとしたか、後半の文章では、他人とは違ったことがしたいという、独自性な一面も垣間見えた。

・最後の名前の「沢尻」は大きく、決意みたいなものを感じた。

いま現在は気持ちが落ち込んでいて、次のステップに向けて気持ちを前向きに考えられない。
頑張りすぎてストレスが溜まっていた可能性もあり、物はその場の軽いノリみたいなので使用したかもしれない。

 

 

なんとなくどういった人物か想像できたでしょうか?

僕がこの記事を書きながら思ったことは、なんだかんだいってもファンなので、やはりちゃんと反省して、元気に復帰してほしいですね。

それと、ドラマのスタッフや関係者など、迷惑をかけた人たちには、お金ではなく、心のこもったきちんとした償いをしてくれることを強く望みます。

 

※記事の引用先 

【筆跡診断テスト】文字から性格を見極める15つのポイントとは?https://flyfsa.com/post_2818

 

 

この記事なんか面白いって思ったらポチってみてください(*´▽`*)。

ブログって読むのも書くのも楽しいよね。

   ↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村