永次郎のブログ

永次郎のブログ

ブログ初心者ですが、こつこつやっていきます('◇')ゞ

おススメ恋愛ドラマ バチェラー シーズン1 第2話(感情ぐっちゃぐっちゃのカクテルパーティー)

どうも、永次郎です。

 

自分のおススメ恋愛ドラマはやはりこれ!

Amazon prime videoのバチェラージャパンです!

とくに25~40歳ぐらいの結婚適齢期にはもってこいのドラマです。もちろん既婚者でも楽しめますよ!

 

さて、バチェラージャパン(シーズン1)を見るのは二回目ですが、結果やストーリーが分かっていても、じっくりその人の立場になって、見てみるといろんなことが分かって、楽しいです。

「いや、私もう見たことあるし」って思った方!面白いものは何回見ても飽きませんよ(笑)!

 

まあ僕自身、もともと妄想や人間観察が好きなのかもしれませんが。

 

 

【バチェラージャパンとは】

bachelorjapan.com 

まだ見ていない方はこちらからどうぞ→Amazon プライムビデオ

  

それでは

今回はシーズン1の第2話をじっくり検証してみたいと思います。

 

ネタバレも多少含むのでご了承下さい。また、第1話に関しては前回の記事がございますので、そちらをご覧ください。

naganagax.hatenablog.com

 

1.ストーリー

①.グループデート(1対8)

【夜景を見ながらのクルージングディナー】

②.グループデート(1対9)

【某レストランで、きらびやかなショーを見る】

【リムジンで帰る】

③.カクテルパーティー(1対全員)

 

2.見どころ

前回ファーストローズをもらった女性が、今回ほとんど相手にされなくて、焦る。

 

・レストランで、ある女性と二人乗りの乗り物に密着して乗ることになるのだが、二人のイチャイチャぶりに、他の人からの反感を買う。

→女性たちがうらやましいと思うのは、ルックスや、地位、名誉があるバチェラーだからであって、普通の人がこんなことしてもただただ引かれるだけに感じた。

 

最後のカクテルパーティー

今回はこれがメインなのでは!?と思うくらい面白い。

デートに誘われなかった人、バチェラーと話したいのになかなか行動に移せない人、いろんなひとの状況、感情が入り混じって、会場の雰囲気が重苦しいものになっていく。

 

特に面白いと感じたのは、焦りや不安、会場の雰囲気のせいか泣き出してしまう女性もいるのだが、それを見て心配しているように見せかけて、本心では「バチェラーを心配させるための作戦か」と思う人もいたからである。

一人で外に出ていく人もいるのだが、「それも作戦なのでは?」と感じた。

 

男の場合はこういうときに泣いたりすることは、無いのかなと思った。

 

一人の女性を多数の男性が取り合いになる場合であれば、たしかにピリピリした雰囲気にはなると思うが、逆に女性の気を引き付けようと思い、ありとあらゆる手を使うのではないだろうか。

ただ自分であれば、そこまで惚れていなければ、「ま、いっか」と諦めてしまうかもしれない。

 

・最後のローズセレモニーも、「そうきたか!」といい意味で予想を裏切るので面白い。

 

f:id:naganagax:20200224083306p:plain

 

3.バチェラー(久保さん)男前シーン

・真剣な話には、相手の目を見ながら、きちんと聞いていた。

・ある女性が「キラキラしている格好が好きだから、キャバ嬢の友達をたくさん作っている」と話すと

バチェラーは「キラキラなファッションよりモード系が好き」と答えた。

ただただ相手に合わせる訳ではなく、自分の好みを正直に伝えていた。

 

4.所感

女性の涙も見てしまうと、もらい泣きをしてしまうぐらい自分は弱いのですが、もしそれが作戦なのだとすると、本心はどこにあるのだろうと勘ぐってしまいそうですね。

Amazon prime video いまなら30日間無料体験実施中!

 

 【おまけ】

【久保さん好感度パラメーター】

蒼川 愛    ■■■
飯倉 早織   ■■■■
岡田 ゆり子  ■■■■
柏原 歩    ■■■■■
木村 ゆかり  ■■■
木村 有希   ■■■■
古賀あかね   ■■■■■■
小笠 双葉   ■■■ 
小菅 怜衣   ■■■■■
KONAN     ■■■■■■
坂本 くるみ  ■■
鶴 愛佳    ■■■■■■
豊島 はるか  ■■■■
中村 美緒莉  ■■
塗田 麻美   ■■■■■
橋本 真衣   ■■
松長 ゆり子  ■■■■
水野 真莉絵  ■■■
宮城 智夏   ■■
森田 紗英   ■■■■■

 

ブログ村も参加してますのでぽちっと押していただけたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村