永次郎のブログ

永次郎のブログ

ブログ初心者ですが、こつこつやっていきます('◇')ゞ

車校 受講生必読! 【あなたの不安解消します】

どうも、永次郎です。

今日帰り際に、車校に向かうバスを見ました。

「そういやこの時期って、高校生が車校に通う時期だよね」

と、まあ10年以上も前の話になりますが、現受講生の不安を少しでも軽くできたらなと思い、今回は運転免許取得の流れを記事にしようと思います。

 

f:id:naganagax:20200226211204j:plain

 

なんで、車校が自分にとって思い出深いのかというと、それは・・・・・・

ずばり、最後の免許センターで試験に落ちたからです!

自分以外の友達は全員受かり、人生ワースト1ぐらい、みじめでした。

ぜひとも、いま通っている高校生には、ズバッと一発合格してほしいです。

  

ここでは、申し込みから免許を取得するまでの流れについて紹介しましょう。 

 

【入校から免許取得までの流れ】

大まかにいうと、入校手続き→適性検査→第一段階→

修了検定→仮免学科試験→第二段階→卒業検定→本試験という順番で進んでいきます。

1.入校手続き、入校オリエンテーション

入校する際には、本人確認書類や住民票、認印などが必要です。技能教習中に事故が起きた際、病院へ通院する可能性もあるため、本人確認書類には健康保険証を選ぶとよいでしょう。また本籍地が記載された住民票も必ず必要です。
同時に、入校オリエンテーションというものも行われます。合宿免許の場合には他の受講者と共同生活を送ることになるため、

あらかじめプライベートの時間をどう過ごすのか考えておくと、気持ちに余裕が持てるでしょう。

→自分の場合は、自宅からバスで通っていたので、空き時間などに近くの本屋やに行ってましたね。そういや、空き時間に倉木麻衣やE,L,Tを昔は聞いてたなぁ。

f:id:naganagax:20200226222221j:plain

2.適性検査

入校後は運転に対する適性検査を行います。運動能力の検査を行うほか、視力や聴力についても問題がないか細かく検査します。そのほか、検査項目における各動作の速さや状況判断力から、自分が運転する時に注意すべき点を知ることができます。

 

3.第一段階

ここからいよいよ教習が始まります。AT車、MT車はそれぞれ異なるカリキュラムが組まれています。技能教習はAT車で最低12時限MT車で最低15時限です。そして、学科教習はともに10教程程度になります。
特に、技能教習については最低時限内で全てのカリキュラムが終わらないこともあり、1~2時限程度追加で受けるケースもあります。予定よりも少し日程が延びることになりますが、多くの教習所では保証サービスが組まれており、追加料金がかからない場合も少なくありません。

→これがまた、運転のセンスってのがまさに出るとこなんだよね。

うまいひとは「ほんとに初めてか!?」って思うぐらいスラスラ運転しちゃうし。また、このとき担当教官が決まるから、厳しい先生だったりすると

「車校まじつまんねぇ」ってことになるわけですよ。これは運次第ですが、あなたの人生にとってほんのちょっとの期間なので、教官の指導に負けず、根気よく頑張りましょう!

f:id:naganagax:20200226221656p:plain

4.修了検定

第一段階の教習を全て終えると、仮免許を取得するための修了検定を受けます。修了検定は技能検定となり、教習所内の決められたコースを走行します。速度制限を守っているか、交差点への進入に不備はないか、急発進急ハンドルを行わないか、などがチェックされるので、注意しながら運転しましょう。

→まずね、このコースを頭に叩き込む!これができたら8割合格だと僕は思います。

コースを間違えると焦って、いつも出来てることが出来なかったりするからね。緊張はすると思うけど、落ち着いて運転しましょう。

 

5.仮免学科試験

修了検定に合格したら、仮免学科試験を受験します。問題数は50問中45問以上正解で合格となり、仮免許証が交付されます。

→ペーパーテストだから、間違えた問題を繰り返し繰り返し、解いていきましょう。

このとき暗記でなく、理解して覚えるとのちのち楽ですよ。

 

f:id:naganagax:20200226220659p:plain

さあ、仮免取ったら教習所の外で運転しますよ!

車間距離や通行位置に注意し、路上での進路変更や交差点での直進・右左折などに慣れるようにしましょう。

 

6.第二段階

仮免許証が交付されたら教習は第二段階に入ります。第二段階では最低で技能教習が19時限、学科教習が16時限組まれています。技能教習は実際の路上での教習になるため、緊張から心身ともに疲労を感じやすくなります。冷静な判断能力を保つためにも、しっかりと休息をとりながら教習に臨みましょう。

特に高速道路の運転は、恐怖しか感じません。

脅かしてしまいましたが、左車線の走行車線であれば、あおり運転をする人はいませんので大丈夫です。落ち着いてキョロキョロせず、前を向いて運転しましょう。

 

7.卒業検定

第二段階までの教習を全て終えて、効果測定で一定の点数が取れれば、いよいよ卒業検定です。卒業検定は、技能のみの試験。教習所内での走行同様、左右・後方確認やハンドリング・ブレーキングに不備がないかをなどチェックされます。また、所内で縦列駐車や方向変換の試験も行います。こちらに合格することで卒業が決定します。

→これも、仮免試験同様にコースを覚えます。このときぐらいになると結構運転が楽しかったので、試験自体は苦ではなかったですね。

たしか、縦列駐車と方向転換はどちらか一方だった気がします。

 さあ試験本番!

    f:id:naganagax:20200227221441p:plain

 

8.本試験、免許証交付

教習所を卒業したら、発行された卒業証明書を持って、自分が住んでいる都道府県の運転免許試験場および運転免許センターで学科試験を受けます。この試験に合格しなければ免許を取得することができません。

試験は全部で95問(配点1点の通常問題90問に加え、配点2点のイラスト問題が5問)であり、100点満点中90点以上で合格となります。


学科試験に合格すれば、その日のうちに交付の手続きに入り、免許証を手にする事ができます。不合格になってしまった場合は、日を改めて受験することになります。

 

→当たり前ですが、試験当日は特に時間に余裕をもって行動しましょう。

自分の場合、試験開始時間ギリギリで到着してしまい、焦りながら試験を受けた覚えがあります。

 

どうでしたか?経験者は「免許なんてよっぽど落ちないよ」なんていいますが、油断してると落ちます!そして友達から哀れな目で見られて、ずっといじられます。ペーパーテストは反復練習あるのみなので、試験に合格するまでは、気をしっかり引き締めて受けてください。では、検討を祈る!

 

 ※このサイトを参考にしました。

自動車教習所の免許取得までの流れは?一連の流れをご紹介|毎日コムネットの合宿免許

 

 ブログ村も参加してますのでぽちっと押していただけたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ